2008年01月18日

外国人看護師ら受け入れ・まず1000人、インドネシアから


厚生労働省は日本とインドネシアが今夏に署名した経済連携協定(EPA)に基づき、当初2年間で看護師ら 1000人を受け入れる方針を決めた。同国政府に通知し、同意を得た。日本の国会での協定承認後、2008年度にも受け入れを開始する。看護や介護分野の人手不足を解消するのが狙いで、初の本格的受け入れとなる。成功すれば、少子高齢化社会の進展に備え、EPAをテコにした外国人労働力の活用に弾みがつくことにもなりそうだ。

日本は技術者や通訳など「専門的・技術的分野」でのみ外国人労働者を受け入れており、介護職員は対象外。看護師は現状でも日本の資格を取得すれば、研修名目で最大7年間の在留を認めているが、実績は極めて乏しい。(2007年12月22日日本経済新聞より抜粋)
(けあともより引用)

ついに、やってくるみたいですね!
介護の現場では、どこも慢性的に人手不足。
これで、解決するかどうか。
ところで、介護職の雇用環境の改善はどうなったのでしょう。
先ごろ、民主党が法案提出したみたいですが、その後ききませんね!
早く、改善しないと現場はもう耐えられなくなっていますよ。


posted by ニコニコ at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。